町中アート大学ブログ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
2月15日、最後のテレビやります。

 ラジオアーティストの毛原大樹が、六本木のMyBar(マイバー)にて、

*「最後のテレビ」 という公開生放送パフォーマンスを行います!

今回は、フジテレビで「ウゴウゴルーガ」等の数々の番組を生み出して、

現在は「新・週刊フジテレビ批評」のプロデューサーの福原伸治さんと

『はじめてのDiY――何でもお金で買えると思うなよ!』、『ストリートの思想

――転換期としての1990年代』等の著者で

ある社会学者の毛利嘉孝さんをお迎えして、「メディアの未来形」と題した対談をLIVEでお送りいたします。

ぜひご覧頂くためにお越しください!


*「最後のテレビ」 :使われなくなったアナログ機材と微弱電波を使った誰でも開局可能なスーパーローカルエリアテレビ放送です。テレビとの関わり方が変わる今までと違ったタイプのテレビです。


*放送を受信するための環境はこちらで用意いたしますが、ご自分でポケットアナログテレビ等をお持ちいただくと会場のMyBar店内であればVHF2chで受信が可能です。

注)放送は会場界隈でしか受信いただけません。Ustreamでもワンセグ放送でもありません。



"最後のテレビ"vol,1

「メディアの未来形」

出演:福原伸治(TVプロデューサー) 毛利嘉孝(社会学者) 他

司会:石田紗英子(フリーアナウンサー)

企画:毛原大樹("最後のテレビ"発起人)


日時:215日(火)18:30開場 19:00よりスタート

場所:MyBar 東京都 港区 六本木5-9-20


電話:03-5772-5234

入場:1000円 ワンドリンク付き






告知 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mnau.jugem.jp/trackback/72
<< NEW | TOP | OLD>>
人気ブログランキングへ